Newsお知らせ

2018年11月10日 Release

内閣府承認NPO法人全国てらこやネットワーク リリース

18年新卒社員、担当初めてのサイトリリース

「内閣府承認NPO法人全国てらこやネットワーク」様のサイトのリニューアルを行いました。今回は、新卒社員が初めてプロジェクトを進行したので、そちらについても触れながら報告させていただきます。もちろん、サイトの工夫や団体についての魅力もお伝えいたします。

全国てらこやネットワークとは?

サイト内に以下のように記述されています。

「てらこや」は地域総がかりの教育プロジェクトです。地域の歴史・自然・文化と多様な人財の力を活かし、子どもたちに感動体験とよき人との出会いを届けています。全国てらこやネットワークは、日本各地の「てらこや」が力をあわせ、地域の力で子どもたちを育てる場を日本全国に広げています。

(引用:全国てらこやネットワーク Webサイト)

全国各地に「てらこや活動」が広がり、現在は41ヶ所で活動されているそうです。毎月お寺で学生が考えた企画を子どもたちと一緒に行い、てらこやごはんを食べたり、3泊4日の合宿をしたり、その活動内容も様々です。(下の写真は2017年度に開催された各地のてらこやが集まり、ノウハウの共有や学生同士の交流などを目的とした「てらこやアワード2017」での集合写真です)

読み書きそろばんのイメージのある「寺子屋」ですが、地域に根付いたつながりを引き継ぎ、現代版として「てらこや」は生まれました。子どもだけではなく、主体となる学生も成長する、そんな活動をネットワーク化することで、より活動の幅が広がり、全国でつながる価値を生み出しています。

今回のサイトの特徴は

初めてながらも新卒社員は考えました。

「活動の本質をきちんと伝えること」
「Webを通して、ネットワーク化する意味を見つめること」
「全国で活動する組織であること」

どのサイトを制作するときも大事なことだと思いますが、特に大事にしたのは「活動の本質をきちんと伝えること」でした。「Webを通して、ネットワーク化する意味を見つめること」で、なぜ活動が全国各地で展開することになったのか、展開する必要があるのか、なぜ1つ1つの活動をネットワーク化するのか、ということを考えることで、この団体の「本質」を見つめることにつながるのではないかと、考えたのでした。

このサイトの特徴としては、3つあります。

1つ目は、全国各地のてらこやの情報が整理され、情報を手に入れやすいことです。今までのサイトは、マップのイラストから各地のてらこやの場所を知ることができました。今回は、より各地のてらこやを知ってもらうため、一覧とともにSNSや公式ホームページ、各地のてらこやの活動を随時更新できるような仕組みを導入しています。今後、情報が増えていくと思いますので、ぜひ楽しみにしていてください。

2つ目は、活動の様子や雰囲気をよく感じられることです。そのため、各ページに多めに写真を取り入れたり、フッタ部分にはフォトギャラリーとして24枚の写真を導入しています。フォトギャラリーはクリックすることで、写真全体を見ることができます。今回、お寺で活動していることから「和」である要素をデザイン的に取り入れているので、要所要所に花や模様が散りばめられており、フォトギャラリーの写真も可愛らしく切り抜きされています。

3つ目は、活動している方の「想い」がしっかり届くことです。この活動は15年以上続いており、とても歴史があります。「てらこや」の概念が生まれたのは、1982年までさかのぼります。精神科医の先生が診療所を開設し、不登校の子どもたちが多く来院することに驚き、「子どもたちが困難な状況に陥らない未然予防」についての取り組みを始めたことがきっかけでした。その想いを現在まで様々な人が引き継ぎながら、活動が広まっています。子どもたちの「教育」を、そして住みやすい地域づくりを、熱心に考えて活動していることがしっかりと伝わるように構成されています。

サイト全体について

今回のリリースにあたり、ページ構成は4ページとなっています。
トップページ、新着情報、てらこやの特徴、私たちの活動の4つです。

各地のてらこやと「全国てらこやネットワーク」の位置付けを整理するため、「てらこやの特徴」と「私たちの活動」の2ページを差別化して作成しています。

てらこやを立ち上げたい方、企業の方、ボランティアとして関わりたい方向けのPDFもあり、サイトを見ている人が「自分がてらこやと関わるならどんな感じだろう」と自分ごととしてイメージしやすくなっています。

最後に

今回、初めてリニューアルサイトのスタートからリリースまで担当した新卒社員から一言!

ーー4月から取り組んできた仕事内容は主に前任の担当者がいて、引き継ぎながら進めてきましたが、今回は初めてWeb制作の一通りの流れを任され、今までとは比べ物にならないほど時間もかかり、わからないこともたくさん、できないこともたくさん、何をすべきなのか見失いがちでした。しかし、サポートしてくれるメンターや協力的なクライアントの方々のおかげでリリースすることができました。ありがとうございました。Webは「作って終わり」ではなく、作ってからクライアントと共に「育てていく」ものなので、引き続きクオリティをあげ、きちんと目的に合うようなWeb運用になるよう、精一杯サポートしていきたいと思います!

以上、「内閣府承認NPO法人全国てらこやネットワーク」Webサイトのサイトリニューアルのご報告でした。ぜひご覧ください。