Newsお知らせ

2019年10月07日 Event

『函館西部地区バル街』がサントリー地域文化賞を受賞いたしました

弊社がチケット予約システムの構築を担当している 「函館西部地区バル街」が、2019年度サントリー地域文化賞を受賞いたしました。

受賞されたバル街実行委員会代表の深谷宏治さん(一番右)

*サントリー地域文化賞とは
全国各地で展開されている芸術、文学、伝統の保存・継承、衣食住での文化創出、環境美化、国際交流などの活動を通じて、地域の文化向上と活性化に貢献した個人、団体に、毎年「サントリー地域文化賞」を贈呈しています。
(引用:サントリー文化財団 Webサイト)

函館西部地区バル街 について

函館市の旧市街地(西部地区)で春・秋の年2回、一日限りで開催している飲み食べ歩きのイベントです。

参加者は事前にバル街チケット(5枚綴り)を購入し、チケット付属のマップに記された約70店の参加店を自由に巡り、ドリンクと「ピンチョー」と呼ばれる軽いおつまみ料理を立ち飲みや相席で楽しみます。

古い街並みも残される旧市街地に、一夜限りの楽しみを求めて4,000人を超える人々が集います。今日、全国各地で開催されるバル街イベントは、函館がその発祥の地といえます。

弊社と函館西部地区バル街の関わりについて

弊社と函館西部地区バル街との関係は、 2014年に有限会社ビットアンドインクから事業譲渡を受けたことから始まりました。

「遠方からのお客様がチケットを入手しやすくしたい」という課題に対し、 インターネット経由でチケットを予約することができるシステムをご提案し、そこから今日まで運営のサポートに携わりました。

今回、長いお付き合いのあるイベントがこのような賞を受賞されたことは、非常に感慨深いものがあります。

当日の様子

バル街の様子がわかる映像が会場で流されました。実際の映像はこちら(YouTube)

最後に

今後も、函館西部地区バル街のチケット予約をお客様に快適にご利用いただけるよう、引き続き取り組んでまいります。

また、このような皆様に愛されるイベントがふたたび函館市から生まれるよう、地域課題をITの面からサポートし、地域の発展と活性化に貢献して行きますので、どうぞよろしくお願いいたします。